2017-10

新潟大学鉄道事業部

部長です。いつもお世話になっているNPO法人「くびきのお宝残す会」が保存している、頸城鉄道の動態保存車両、線路の整備に行ってきました。
今回は1年生3人を含む現役部員5名、はるばる東京からOB1名、かぼちゃ電車保存会会員2名で活動してきました。

まずは草刈りから
DVC00177.jpg
街路樹の間に植えた花が草に負けそうなのでそちらの整備。
そのうち綺麗な花の横を走るコッペルが見られるかも。

保線は枕木交換から。枕木となる材木は貨車の中。

手押し入れ替え
DVC00179.jpg
指が・・・。

意外と重たいあおり戸を開く
DVC00178.jpg

材木を降ろし、のこぎりで切り出していきます
DVC00176.jpg
体力勝負です。

枕木の犬釘を外して
DVC00175.jpg

周りを掘って
DVC00174.jpg

引っ張りだした後は新しい枕木を入れるためにもう少し掘ります
DVC00173.jpg

腐った枕木2本を交換しました。
DVC00168.jpg

線路と枕木を締結。
DVC00169.jpg

このあと、つるはし等を使ってバラストを固めて枕木交換は完了。
DVC00170.jpg
安全な線路を確保するというのはなかなか大変なものです。

こちらはポイントの確認
DVC00180.jpg

ポッキリ
DVC00181.jpg

部長が学校の実習以来の溶接に挑戦するも失敗(涙)
100Vのアーク溶接じゃ無理ということになり外注へ。

綺麗にくっついて戻って来ました。
DVC00172.jpg
が、うまくポイントが動作せず悪戦苦闘。

この間、1年生たちは運転講習ということでディーゼル機関車の運転にも挑戦していた模様。
実物に触れていい刺激を受けたかな?

実物に触れるのは座学に比べてよっぽど勉強になるし、いくら頭が良くてセンター試験で100点取ったって現実世界でそれが通用しないというのもよく分かります。
もちろん、学校で習った知識が役に立つことは多々あるし、今回の作業では地質学や電気系の知識も欲しいと思ったけど、やはり大事なのは知恵とそれを実行することで学校だけじゃ勉強が足りないなぁというのが感想です。

それはもう大変疲れまして全身筋肉痛だけど、得られるものもたくさん。そして何より楽しかったです。

今回参加してくれたかぼちゃ電車保存会の皆様、部員、OBのみんな、お疲れ様でした。
いつもよくしてくださるくびきのお宝のこす会の皆様ありがとうございました。

※この作業ならびに講習は車両や線路の整備や点検の為、また保存関係者への講習目的の為であり、くびきのお宝のこす会様のご厚意によるもので、専門家の指導のもとで実施しております。一般の方向けには行っておりませんので、ご了承ください。
※くびき野レールパークは通常は非公開です。冬季間を除き定期的に一般公開も行われる予定ですので、最新情報に関しては、くびきのお宝のこす会様のホームページまたはFacebookページ(「くびきのお宝のこす会 Facebook」で検索)をご覧下さい。当部へのご質問はご遠慮願います。


文責:ゐまひまゐ@部長
スポンサーサイト

コメント

やはり何だろう、いつも言っている「ホンモノは一番の先生」なんだよね。
知識や技術なんて後から付いてくるわけだから、まずは「やってみよう」と思う心が大切なんだと思う。別にヘタクソでも良いんだ。楽しいと思えれば、それで最高だ。
学生諸君のまたの参加をお待ちしています。

ウチのブログにも早くレポート書かなきゃだけど、俺も体ボロボロなう。

>なごさん

最近ブログサボリ気味ですねw
何事も行ってみてやってみなきゃですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shindaitekken.blog98.fc2.com/tb.php/89-75156cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【新潟大学鉄道事業部】

部長です。いつもお世話になっているNPO法人「くびきのお宝残す会」が保存している、頸城鉄道の動態保存車両、線路の整備に行ってきました。今回は1年生3人を含む現役部員5名、はるばる東京からOB1名、かぼちゃ電車保存会会員2名で活動してきました。まずは草刈りから街路...

«  | HOME |  »

プロフィール

新潟大学鉄道研究部

Author:新潟大学鉄道研究部
旅行や写真撮影、模型、切符、駅弁から保存鉄道まで好きなことを好きなだけやってます。
鉄研ホームページ
鉄研公式Twitterアカウント
YouTube新大鉄研チャンネル

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる