2017-10

4/29,30 月潟駅構内作業

部長です。

今回は月潟での2日間の作業の様子です。
作業と記録の両立ができていないためあまりいい写真がありませんがご容赦を。

まずは普段はお目にかかれない新潟交通唯一の動態保存車両「アント」ご開帳。
DVC00144.jpg
こんなに小さな車両でエンジンも800ccと軽自動車に毛が生えた程度ですが10両編成の電車も牽引できる力持ち。

DVC00145.jpg
運転台は配置は違えどクラッチにブレーキ、逆転機、変速機、アクセルと自動車と同じものが並びます。

DVC00150.jpg
会長による運転講習。

DVC00148_20120501010942.jpg
女性機関士誕生?

お昼休み
DVC00151_20120501005052.jpg
津南の雪の下にんじんの差し入れあり。にんじんとは思えない甘さ。
ここは食べ物には困りませんw

午後からは塗装作業
DVC00152.jpg
ラッセル車の黒ペンキを調合中。

この日は主に屋根上の塗装でした。
快晴+黒い鉄板=灼熱地獄 ということでちょこちょこ休憩をしながら作業を日暮れまでしこの日は終了。

30日は1年生3人を含む6人で参加。
この日は車両移動を伴う作業ということで準備やミーティングもしっかり行います。

DVC00157.jpg
×模型で遊ぶ会長
○模型でこの日の作業を説明する会長

アントにて車両を移動中。
DVC00158.jpg
モハ11だけで約40t。3両編成で100tにもなります。事故の無いように細心の注意を払い構内作業を行います。

時折ガタガタと空転したり、ブレーキの度に車両に押されたり引かれたりするアントを見ているだけでも重量のある鉄道車両の怖さが伝わります。
車両をホームから引き出し、10年以上ほとんど手入れのされていない線路や路盤、ホーム側面の状況確認、保線作業、普段ホームに隠れて作業できない側面の塗装等の作業を手分けして行いました。

午後からは昨日の塗装作業の続き。ラッセル車の塗装はほぼ終了。
そのうち側面の社紋の復元もやりたいですね。

車両移動は非常に神経をすり減らす作業で肉体疲労よりも精神的にきます。
鉄研、保存会共に終了後はぐったりだった方もチラホラ。お疲れ様でした。

保存会の皆様、作業にご協力いただいたお客様方、今回はありがとうございました。

かぼちゃ電車保存会ブログはこちら<月潟駅作業日誌:構内作業実施>

※かぼちゃ電車保存会から
・この車両移動を伴った作業は撮影等をめぐるトラブル等の防止の為、事前予告をいたしませんでした。今後実施の予定は、今のところございません。
・乗車体験イベントなどの実施の予定もございません。(仮に、今後同様の作業を実施したとしても、お客様のご乗車はできません)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shindaitekken.blog98.fc2.com/tb.php/79-f3a41239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

新潟大学鉄道研究部

Author:新潟大学鉄道研究部
旅行や写真撮影、模型、切符、駅弁から保存鉄道まで好きなことを好きなだけやってます。
鉄研ホームページ
鉄研公式Twitterアカウント
YouTube新大鉄研チャンネル

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる