2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟大学鉄道事業部 in 頸城鉄道

4/7(土)
「NPOくびきのお宝のこす会」の協力を得てかぼちゃ電車保存会の会員の方と共に上越市頸城区百間町にある旧頸城鉄道、くびきのレールパークでの研修会に参加してきましました。

まずはミーティング
DVC00101_0.jpg

新潟大学鉄道事業部土木課設立?
午前中は保線作業。雪や重い機関車の走行のせいで保線が必要な場所が多数。
DVC00103_0.jpg
線路を少し持ち上げてバラストを突き固めてる。現在ではマルチプルタイタンパー等の機械が主流でもここでは人力が全て。

腐った枕木交換も
DVC00110_0.jpg
犬釘をバールで引き抜いて

DVC00111_0.jpg
横に溝を掘って引っ張り出す。

DVC00112_0.jpg
角材をのこぎりで切り、逆の手順をたどると交換完了。


機関車の方では本業の方と工学部男子のエンジン談義
DVC00109_0.jpg
学校で習うより面白い!?


午後は運転講習
専門家の指導を受けながら運転。
DVC00113_0.jpg

Y機関士デビューの図。
DVC00115_0.jpg

車両誘導も重要な役割
DVC00116_0.jpg
連結合図!


この日も事故、怪我等無く安全運行が出来ました。
鉄道は安全第一。我々の生命を守るためだけでなく、地元やみんなの夢を守るためにも必要なことです。
そして鉄道を運行する側に立ってみると一部のマナー違反者のフラッシュ撮影や線路立ち入りの行為がいかに悪質で危険な行為なのかがよく分かります。
そいういった人に迷惑を掛けない、危険なことをしてはいけないという当たり前なことに対する教育も鉄道や鉄道を愛する者の役割の一つでもあるのかなぁなんて思ったりもしました。

そんなこんなで帰りはお馴染み米山サービスエリアでサバサンドを食べてからの帰宅。
皆さんお疲れ様でした。

かぼちゃ電車保存会ブログのこの日の記事はこちら<月潟駅作業日誌>

お世話になったくびきのお宝のこす会の皆様、かぼちゃ電車保存会の皆様ありがとうございました。

※この作業ならびに講習は車両や線路の整備や点検の為、また保存関係者への講習目的の為であり、くびきのお宝のこす会様のご厚意によるもので、専門家の指導のもとで実施しております。一般の方向けには行っておりませんので、ご了承ください。
※くびき野レールパークは通常は非公開です。冬季間を除き定期的に一般公開も行われる予定ですので、最新情報に関しては、くびきのお宝のこす会様のホームページまたはFacebookページ(「くびきのお宝のこす会 Facebook」で検索)をご覧下さい。当部へのご質問はご遠慮願います。


文責:ゐまひまゐ@部長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shindaitekken.blog98.fc2.com/tb.php/68-386487e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

新潟大学鉄道研究部

Author:新潟大学鉄道研究部
旅行や写真撮影、模型、切符、駅弁から保存鉄道まで好きなことを好きなだけやってます。
鉄研ホームページ
鉄研公式Twitterアカウント
YouTube新大鉄研チャンネル

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。