2017-10

東三条へ変圧器輸送

こんにちは。
鉄研4回生の323です。

乗る・撮る・集める、いろいろなことをしている鉄研ですが、今日は「撮る」のごく一部分について紹介したいと思います!

3月の上旬に東三条駅への特大貨物輸送が設定され、部員数名と撮影に行ってまいりました。
特大貨物輸送が新潟県内に設定されるのは、大変珍しいことなので書かせていただきます(笑)
※特大貨物輸送とは?:巨大な変圧器などを輸送するための貨物列車。貨車は大物車(シキ)が使用されます。

輸送は、3月2日から3日にかけて東北本線の松川から信越本線の東三条まで行なわれました。※牽引機は、松川-黒磯:EH500、黒磯-大宮操-高崎操:EF65、高崎操-南長岡:EH200、南長岡-東三条:DE10(南長岡入換常駐機)。

5145-1.jpg
↑東光寺-東三条にて

荷の変圧器は、東北電力さんの三条変電所向けの三相交流変圧器です。
3つの変圧器で1セットとなります。※三相交流変圧器とは?:ボクも詳しく分かりませんm(__)m 工学部の電電の人、よろしくです!

東三条に到着してからは、現在は使われていない駅構内のオフレールステーションでクレーンによる取り卸しが行なわれました。※オフレールステーションとは?:線路を使わない貨物コンテナ集配基地。時代の流れで東三条発着の貨物列車がなくなり、現在はトラック集配基地として使用されている。

5259-1.jpg
↑通常、列車が入らない場所へ入換中。

5302-1.jpg
↑クレーンによる変圧器の取り卸し。途中、K編成の「北越」4号が通過。

まあ、今回の珍事はこんな感じです。

このような鉄道珍事を見てみたい人、撮ってみたい人、興味がある人、是非鉄研へお越しください!

文責: 323
スポンサーサイト

コメント

珍事と言ったら

207系とかキハ52の輸出の陸送も面白かったですね。
次に輸出があれば20mの車体が道路をそろそろと走る様子をまた見れるかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shindaitekken.blog98.fc2.com/tb.php/44-9a4af7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

新潟大学鉄道研究部

Author:新潟大学鉄道研究部
旅行や写真撮影、模型、切符、駅弁から保存鉄道まで好きなことを好きなだけやってます。
鉄研ホームページ
鉄研公式Twitterアカウント
YouTube新大鉄研チャンネル

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる