2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネルを超えるとそこは…(後編)

真冬の深夜のドライブに出かけた鉄研の4人。

1時半に水上駅に到着
さすがに駅は閉まっています。

このスプリンクラー初めて見ました。
DSC_7155[1]
雪国では普通なのかな?
お湯だと思ったらフツーに冷たい!


深夜の駅にたたずむ上越線。
DSC_7157[1]
明日の始発のためにこの駅で夜間停泊しています。
これを見るためにはるばる新潟市から来ました。

ちょこちょこ撮影とか、雪合戦とかした後
水上駅から長岡まで移動です。
途中、運転したのですが深夜の雪道怖い…。
スタッドレス履いててもハンドル持ってかれます(泣)

明け方の4時に長岡の電車の車庫の端っこに到着。
いい感じに電車が見えるポイントがありました。
DSC_7162[1]

昼間だと、電車は動いてて車庫には入っていないので
全部止まってるのは夜にしか見れない光景です。


このまま新潟に戻る予定だったんですが、新津駅に東北地方から臨時列車が来ているという噂を聞き(?)、
急きょ寄ることに。

いました。
DSC_7165[1]
kenjiと呼ばれる電車です。岩手のほう走っているんですが、そこ出身の宮沢賢治が由来です。
BIGになると電車の名前にもなっちゃうんですね☆


そんなこんなで朝の6時半に家に到着。
なんだかんだ盛り上がった深夜の旅でした!!

7時半に就寝。
あっ、10時から部室のおおそうじがあるんだった(泣)


written by すいくん
スポンサーサイト

コメント

え、消雪パイプをご存じない?
あー、まあ五十嵐周辺にもありませんしねー。
水源は新潟の多くの地域だと地下水です、水温はこの時期の気温より高いので雪が融けやすくなるわけですな。
地域によっては温泉だったり川水汲み上げて使ってたりもするようです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shindaitekken.blog98.fc2.com/tb.php/240-f8319086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

新潟大学鉄道研究部

Author:新潟大学鉄道研究部
旅行や写真撮影、模型、切符、駅弁から保存鉄道まで好きなことを好きなだけやってます。
鉄研ホームページ
鉄研公式Twitterアカウント
YouTube新大鉄研チャンネル

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。