2012-02

保存活動:出張編

今日は上越市頸城区百間町にあるくびき野レールパークまで行って来ました。
ここではNPO法人「くびきのお宝のこす会」の方々が中心となって1971年に廃止された頸城鉄道の車両の保存活動を行なっています。昨年の公開イベントでも車掌業務等のお手伝いをさせて頂きました。
除雪、ディーゼル機関車DC92の整備、各種手順の講習等を予定して声を掛けていただいたものの、季節柄不在の人や忙しい人も多く部長しか行けなかったことが残念でしたが、OB1名とかぼちゃ電車保存会から3名で計5名の精鋭部隊(?)が集まりました。

という訳で除雪作業から

DVC00085縮小
ショベルカーと人力で積雪1Mくらいの雪原をかき分けていくとこのとおり。両側には背丈ほどの雪の山が。

次はDC92の整備

DVC00086縮小
給油風景

そして、各種手順の講習

ということで色々と説明を受けた後は運転させて頂きました。
DVC00079縮小
部長機関士デビューの図

DC92は機械式ディーゼル機関車なので運転台にはマニュアルの自動車と同じくアクセルとかクラッチとかギアとかがあり、これで機関車を操ります。なかなか難しかったです。
やっぱり動く鉄道は楽しいですね。でも、楽しいだけではやっていけないのが大変なところですね。

ちょこっと撮影会
DVC00092縮小 DVC00091縮小

本日お世話になりましたくびきのお宝のこす会の皆様、かぼちゃ電車保存会の皆様、ありがとうございました。


今回、列車を動かしたのは車両や線路の整備や点検と保存に関わる人への講習目的の為であり、くびきのお宝のこす会のご厚意によるものです。今のところ冬季の公開イベントや一般の方向け運転体験等は行なっておりません。ご了承ください。


文責:ゐまひまゐ@部長
スポンサーサイト

久しぶりの更新

ブログの方は久しぶりの更新になりますね。
鉄研は冬場はあんまりお出かけとかできないので冬眠期間ですがそれなりに活動してますよ。
最近では
・現役、OB、かぼちゃ電車保存会の交流飲み会
月潟駅大除雪大会
とかありました。お世話になった皆様ありがとうございました。

さて、お話が変わりますが今年2012年4月で新潟大学学友会鉄道研究部は創部30周年を迎えます。
そこで今年は何かやらかしたいやりたいなと思いまして本日、部長は2名の部外協力者と共に新潟の某鉄道会社本社まで行って来ました。何をやるかを公開するまではもうちょっと待ってくださいね。

ちなみに、今年は上越新幹線開業30周年、越後線開業100周年、北越急行開業15周年なんですよ。おめでとうございます。

まぁ、あれやこれや有りますがどうなることでしょうか。楽しみにしていてくださいね。


文責:ゐまひまゐ@部長

«  | HOME |  »

プロフィール

新潟大学鉄道研究部

Author:新潟大学鉄道研究部
旅行や写真撮影、模型、切符、駅弁から保存鉄道まで好きなことを好きなだけやってます。
鉄研ホームページ
鉄研公式Twitterアカウント
YouTube新大鉄研チャンネル

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる